nanami-JP’s blog

40代おひとり様の日々のささやかな幸せ探し。旅行記、本やドラマの感想なども徒然に。

瞑想代りにひとり散歩道

 年度末の疲弊が散り積もったまま4月になってしまい、新しい年度に向けて気分を刷新したいものの上手くスイッチが切り替わることもできず。

 こんな時、瞑想が身についていれば5分の瞑想で脳みそが最適化され余計なストレスもデリート!デリート!となるのだろうが、あいにく瞑想のノウハウもなければある程度の時間、同じ体勢でじっとできるような忍耐力もままならない。かといって運動するには気力がちょっと…ということで、それなら、春の景色を眺めながらのゆったりお散歩でもしようではないか!

 

 ということで、先週に引き続き、武蔵大和駅八坂駅間の多摩湖自転車歩行者道を散策することに。
 さらに今回はその先の未知なる風景をもとめて八坂駅萩山駅間までレッツ!ウォーキング♪

f:id:nanami-JP:20210404212642j:plain

 先週、ちょうど満開だった桜並木は、今週は少しずつ新緑の葉っぱものぞかせはじめ、真っ白だった桜の木が葉の緑や額の紅色をのぞかせて色味がかわっているのもまた趣き深い。

 しかも散歩道も降り落ちた桜の花びらが敷き詰められて白い散歩道に様相が変わっているのも風情があって、桜の儚さがより一層味わえる。

f:id:nanami-JP:20210404212729j:plain

f:id:nanami-JP:20210404212811j:plain

 

 沿線に咲き始めた山吹の黄色い花と西武多摩湖線赤い電車がまたかわいらしい風景で、カントリー感満載。

 先週は咲いてなかった山吹に、本格的な春の訪れが感じられるのもオツなもの。

f:id:nanami-JP:20210404213043j:plain

 そんな中、舞い散る桜吹雪をあびながらのんびり歩いていると、1度歩いた道ということで脳みそが覚えていたせいかそぞろ歩きで脳内つらつらと仕事のことやGWなにしようかな、コロナ落ち着いたら旅行行きたいななど思いつくままに脳内ひとり会議が行われのんびり歩く肉体に対して脳内は意外とわちゃわちゃし始めて、あれ?これってもしかして瞑想っぽいかもと。

f:id:nanami-JP:20210404213130j:plain

 

 脳内思いつくままに議題をちぎっては投げしながらひとり脳内会議をしながら黙々と沿線沿いを歩いいていくと、思ったよりも体感時間が短く、気づいたら八坂駅に。

 

 そこからは未知への風景を求めて八坂駅から萩山駅まで。
 八坂駅の横を流れる野火止用水の川べりに咲くピンクの野の花々が川辺をデコレーションしていて可愛らしい。

f:id:nanami-JP:20210404213517j:plain

 今度またお天気の良い日に、野火止用水沿いに北上してみるのも面白そうだなと思いつつ、今回は萩山駅を目指して東へ。

 遊歩道の標識には徒歩約15分とあるので、武蔵大和駅八坂駅の半分くらいのようなので思ったよりあっという間に萩山駅に到着してしまい、うっかり写真も撮り忘れてしまった(笑)

 帰りは線路の反対側に渡って、たくさんの団地を眺めながら八坂駅へUターン。

 

 さすがに力尽きたので八坂駅のちかくのカフェで休憩。

 いつもはコーヒーが断然多いのだが今回はさくらの紅茶があるということでポットで頼むことに。

f:id:nanami-JP:20210404213654j:plain

 アフタヌーンティーはやっぱりスコーンと紅茶だよね♪と、ひとりのんびり野火止用水を眺めながら飲むさくら風味の紅茶と甘いスコーンにとっても癒され、年度末のバタつきも新年度始まりのあわただしさもしばしすっかり忘却の彼方に土曜日の午後を満喫したのだった。

 

 瞑想と運動を一石二鳥で愉しめるお散歩道は、やっぱりお天気の良い日が気分爽快になるので、また天気の良い休日は東西南北八方位どこに行くか八卦占いのごとく己の気分次第でふらりと出かけてみたいと思う。

 

 

 ちなみに日曜は天気も曇りでテンションがあがらなかったのと、土曜日に歩きすぎた反動で、家から一歩も出ず、お籠りの日曜となったのだが、まぁ読書もできたし、それはそれでは楽しい休日だったので、良しとしよう。

 

 

 

お題「ささやかな幸せ」

お題「気分転換」

お題「わたしの癒やし」

 

 

 

おひとり様のサイレント花見2021

 年度末に忙殺されて気が付いたら近所の桜がすっかり見ごろに。
 花の季節は短し…しかも桜はあっという間に散ってしまう。実際、去年はコロナショックで桜に気づく前にすっかり葉桜になってしまっていた。
 今年こそは桜を堪能しよう…!と、溜まった仕事は暫し目をつむり、近隣の桜スポットを散策することに。

 

■狭山公園
多摩湖の入口から桜街道がお出迎え。ビバ!春爛漫‼とテンションがいやでも高まる。

f:id:nanami-JP:20210327185744j:plain

f:id:nanami-JP:20210327185822j:plain

狭山公園は約1,000本の桜が植えられているそうで、いたるところで桜がお出迎えしてくれる。

f:id:nanami-JP:20210327185916j:plain
f:id:nanami-JP:20210327185936j:plain

多摩湖の土手を降りた広場もすっかり桜尽くし。快晴の青空に薄紅色の桜たちの中で遠目に見える西武遊園地の観覧車の赤色のコントラストが効いている。

f:id:nanami-JP:20210327190011j:plain

狭山公園を縦断して、ちょっと足を延ばして西武園駅の方も探索。
道なりに所々に咲いている桜を楽しみながら、駅からさらに歩いた住宅地にポツンと佇むお店でランチがてら休息。

初めて入ったお店は「キッチン万葉の詩」はアットホームな雰囲気で居心地が良い。
しかも前菜とスープにホカホカ美味しいパン食べ放題がついたパスタセットにデザート&ドリンクをつけても1800円くらいとお得♪

f:id:nanami-JP:20210327190057j:plain
f:id:nanami-JP:20210327190118j:plain


パンもこの日はケール、トマト、オニオン、くるみの4種類でどれも美味しく、ついついパンもお代わりしてしまった。

f:id:nanami-JP:20210327190246j:plain

 デザートもプチデザートの4種の盛り合わせでアイスクリームやムース、ケーキ、生チョコとさまざまな味を楽しめるのが嬉しい。コーヒーと一緒に味わいつくしてまったりしたひと時を愉しんでリフレッシュ。

f:id:nanami-JP:20210327190339j:plain

 

 帰りも狭山公園を突っ切って多摩湖をしばし眺めて癒されてから、ちょっとルートを変えて宅部池の北東にある広場に。広場に鎮座する大きな桜の木はかなりの見ごろで時々、風に吹かれて舞い散る桜の花びらがなんとも風流。桜の木の下でピクニックできたら楽しそう。来年にはコロナも落ち着いて飲んで食べての花見もできると良いなぁと思いながら、家族連れや10代の若者たちがボールと戯れている中、一人黙々と広場を突っ切りながら桜を激写することに専念。

f:id:nanami-JP:20210327190451j:plain

広場沿いに植えられた桜も数種類あって、真っ白な花弁からピンク色がカワイイものまで幅広く、桜と一言でいってもいろんな種類があったんだなと改めて実習できる贅沢さを実感したのだった。

f:id:nanami-JP:20210327190536j:plain
f:id:nanami-JP:20210327190614j:plain



多摩湖自転車歩行者道

 お次は多摩湖自転車歩行者道沿いのさくらを見る会を実施。

 多摩湖から西東京市に渡って作られたこの道は、昔は多摩湖(村山貯水池)から都心に水を届けるため用水路だったらしい。
今回は武蔵大和駅と隣駅の八坂駅までの遊歩道を歩きながら道沿いに植えられた桜を満喫することに。

f:id:nanami-JP:20210327190731j:plain


 いつもは電車で眺めていただけだったのだが、桜が咲き始めた頃に車窓から眺めた景色がとても素敵だったので、ゆっくり桜を眺めながら歩いてみたらきっと素敵にちがいないと思って決行…したのがが、電車だとあっという間だったのに、歩くとそこそこの距離でかなりの運動に(笑)
 武蔵大和駅八坂駅間は2.4kmくらいあるらしく、その往復と家から武蔵大和駅までの距離を足すとけっこーな距離。途中で桜を激写するのにちょいちょい足を留めつつ、公園で小休止したりしながら3時間くらいかけて歩き回ることになり、ここ最近、冬の寒さを言い訳に家のなかでずっと籠っていた運動不足な体にはかなり堪えた。
 とはいえ、遊歩道の道沿いに咲き誇る桜たちはかなりの見ごたえがあって疲れを上回る心の充実度に。
思い立ったが吉日で強行して良かった。

 

今回は武蔵大和駅近くからスタート。
1kmくらいに渡る桜の並木がかなり見ごたえがあって楽しい。
しかもけっこうな大木で所々桜のトンネルになっているのは圧巻。
まさに桜尽くし‼

沿線沿いということで時折通り過ぎる西武多摩湖線の電車がまたちょっとレトロな味わいで旅情を誘う。
気分はすっかり旅行気分♪

f:id:nanami-JP:20210327191003j:plain

f:id:nanami-JP:20210327191035j:plain

f:id:nanami-JP:20210327191111j:plain

 ちなみに多摩湖自転車歩行者道は、元が用水路ということを記念して1里塚的に要所要所で水モチーフのオブジェがあるらしい。1つだけ見つけられたオブジェは、村山貯水池から都市に送り出される水の流れをイメージしたオブジェだった。

f:id:nanami-JP:20210327190857j:plain

白い花弁の桜並木が続いた先は、今度はピンク色がカワイイ桜たちがお出迎え。

f:id:nanami-JP:20210327191330j:plain
f:id:nanami-JP:20210327191404j:plain

その先には、桜、松、雪柳とまさに日本の美が目に沁みる。

f:id:nanami-JP:20210327191456j:plain

沿線の土手沿いに咲く花も春まっさかりで可愛らしい。

f:id:nanami-JP:20210327191616j:plain
f:id:nanami-JP:20210327191644j:plain

 

 そうこうしながら八坂駅に到着した後は、八坂駅久米川駅の間にある商店街をウィンドウショッピングして久米川の駅前の本社で思わず本を購入。多少重くなったバッグ片手に商店街をブラついていたらものすご~~~~くビールが飲みたくなってしまった。
 とはいえ今日は昨夜作り置きした夕食が残っているので、うっかり居酒屋に立ち寄ってしまったら夕ご飯が食べられなくなってしまう。
 家でのビールを楽しみに、東村山中央公園の片隅のベンチに座りコンビニで買ったコーヒーで小休止することに。

f:id:nanami-JP:20210327191750j:plain

 広々とした広場のそこかしこでサッカーボールで遊ぶ若者たちや野球練習している親子、レジャーシートでくつろく家族など休日の午後の幸せな風景を、おひとり様のわがみとしては傍観者な気分でぼんやり眺めながら、ほろ苦いコーヒーをしみじみと味わうのもこれまた人生だなと。

 

 帰りは中央公園をずんずん突っ切って進んだせいか、気持ち的にちょっとショートカットした気分になりながらまた多摩湖自転車歩行者道に合流して帰途に。

f:id:nanami-JP:20210327191838j:plain

 

 おひとり様のお花見はランチのオーダーとコンビニでコーヒー買う時くらいしか言葉を発してない、実に寡黙に徹したサクラの会だった。

 

 こんなに桜をじっくり眺めて散策したのはいつぶりだろうか。

 いや、おそらく初めてかもしれない。

 

 たまに友人たちと花見をしたことはあっても、こんなに桜と向き合い桜を眺めることに専念した花見はなかったかもしれない。
 そう思うと、新しい生活様式で新たな楽しみを見出すことができたのは良かったかも。

 

 そして、1年に実質10日もない桜の花が咲き誇る季節に、こうしてじっくり桜と向き合う時間を持てるということ自体が実に幸せなことなのだなと改めて思う。


 こんなご時世ではあるけれど、ささやかな幸せに浸る春の夜はキンキンに冷えたビールを楽しもう♪

 

 せっかくなのでリビングも、冬の飾りつけをしていたニトリの白樺風照明を100均で買った桜グッズでデコレーションしてちょっとした花見仕様にして、今夜はなんちゃって夜桜会を我が家のリビングで愉しみたい。

f:id:nanami-JP:20210327192105j:plain

 

 

 

お題「わたしの癒やし」

お題「ささやかな幸せ」

お題「気分転換」

 

 

 

 

 

 

 

 

全てのエヴァンゲリオンからの卒業とカヲルくんとのお別れ、そしてエヴァ教への入門案内

今週のお題「〇〇からの卒業」

 

※以下、ほんのりネタバレ部分があります

 キャッチコピーに「さよなら、全てのエヴァンゲリオン」を掲げ、ついにエヴァンゲリオンシリーズを締めくくるともっぱらの噂の「シン・エヴァンゲリオン劇場版」最終章を、私も「待ってました!この四半世紀の落とし前つけるぞ!」とさっそく鑑賞してきた。

 まさにキャッチコピーにいつわり無しの見事な終劇…‼

 

 そして、全てのエヴァンゲリオンシリーズに、エヴァンゲリオンをこの世に出すためにかかわった全ての人にありがとうという気持ちで感無量となったのだった。

 

 庵野秀明監督という天才のクリエイティブな苦悩と愛への妄執とがぐちゃみそに詰まったエヴァンゲリオンシリーズに実に四半世紀もリアタイしてきた身にとって、まさに「シン・エヴァンゲリオン劇場版」最終章の鑑賞はエヴァンゲリオンからの卒業式でもあった。

 

 思い返せば四半世紀前、まだ学生だった頃、当時のテレビ東京の夕方は面白いアニメが多くてひとまず予約しとこくらいのノリで予約したのが「新世紀エヴァンゲリオン」との初めての出会いだったように思う。1話の作品としてのクオリティの高さにファーストインパクトを受けたものの、正直、私的には作品としてはクオリティ高いなぁ、でも私の好みじゃないな~でも周りでは好評だし一応観ておこうかなぁという心境でなんとな~く毎週、惰性で観ていたのだった。
 そんな私が「エヴァンゲリオン」という作品に興味を持ったのは、23話の放送後に流れた24話の予告。 そして強烈に認知したのは24話の「最後のシ者」を観た時だった。

 そう、TVシリーズでたった1話しか登場しなかったのに強烈なインパクトを残し、その後のエヴァシリーズで何食わぬ顔で1軍入りした、あの「渚カヲル」くんの回である。
 かくいう私もセカンドトインパクトばりの衝撃を受けて、その週はすっかり脳内がカヲル君一色になってしまったのだった。

 

 多少ファザコンのある身として、シンジ君がカヲル君に惹かれるのがものすご~~~く分かる。
 綾波レイが母性の塊だとしたら、渚カオルは父性の塊。
 不完全な子どもの自分を守ってくれる存在なのだ。
 実の父親にはネグレクトに近い扱いを受けてたシンジがカヲル君に依存するのは、そりゃあコーラを飲んだらげゲップが出るがごとく至極当然なのである。

 

 実の父といたって普通の親子関係ではあったものの、独立心が強すぎてやや過保護な両親に「私が求めてるのはそうじゃないんだよなぁ」と妙な居心地の悪さを感じていた私自身もまたカヲル君の魅力にすっかりはまり、私の中ではエヴァンゲリオンはシンジ君がカヲル君に出会うための物語という認識だった。
(と同時に私は、当時、母性の塊の綾波レイが正直、苦手だった。
 多分、私は綾波に情の深い実の母の母性の片鱗を見てしまって避けていたのかもしれない。)

 

 とまぁそんな私にとってのセカンドインパクトはカヲル君だったので、その後、カヲル君の残滓を求めて四半世紀にわたってエヴァンゲリオンシリーズの新作が公開される度に劇場に行くのがもはや祭事となっていた。

 

 ……のだが、違和感を感じたのは「シン・エヴァンゲリオン劇場版Q」を観た時だった。

 

 「あれ?カヲル君ってこんなに短絡的だっけ?もっと頭良かったと思ってた」と思ってしまったのだ。
 私の憧れのカヲル君じゃない…さては彼も3人目か⁉と、さながら私にとってのニアサードインパクトである。
 こんな風に思ってしまってごめんなさいと思いつつ、この感情は何だろうかと思って自己反省をしてみたところ、高校生の時に好きだった男の子が大人になって同窓会で再会して恋心再燃するかと思ったら、むしろ解釈違いで決別☆というのとひじょーに似ていた事に気づいた。
 そして寧ろ、ニアサードインパクトから気づいたら14年後?の世界で、必死に戦っているミサトさんやリツコさんにとっても親近感を持ってしまい、あんまりカヲル君にときめかなくなってしまったのだ。

 まぁそりゃ当然の話で、「シン・エヴァンゲリオン劇場版Q」の公開は2012年となれば、放送当時から17年も経っている訳で、私自身の年齢もシンジ君たちよりも寧ろミサトさんやリツコさんと同じくらいになっており、社会人としてそれなりに嫌な事や楽しい事を経て穏やかな日々こそ最大の幸せ♪と思うようになってしまった身としては、10代のガラスのように脆い感性は遠い昔、アラフォーとしての艱難辛苦に共感大なのは致し方ない。

 

 と、良くも悪くもカヲル君を客観視できるようになった事で、逆に少女のまま時を止められたアスカの哀しみや無垢な存在の綾波の魅力にも気づけた訳だが、自分がオトナになっちゃったんだなぁと一抹の寂しさを覚えたのだった。

 そんな訳で私は「Q」でカヲル君を憧れの存在から卒業し、寧ろ宿命に囚われたいたいけな少年として再認識したことで「守りたいこの存在!」という母性があふれてしまった次第なのだが、作中のシンジ君はカヲル君との別れ直後の話が今回の最終章な訳で、そりゃ立ち直るのにかなりの尺が必要だよなぁと、今回の140分を超える超大作の意味を実感したのだった。


 「エヴァンゲリオン」のTVシリーズを視聴していた当時、丁度ヘルマン・ヘッセの「デミアン」を読んでいた時期でもあったので、カヲル君はシンジ君のデミアン的存在として少年期に出会うべくして出会う必要な存在なんだわ!と熱く思っていた。でもだからこそ、少年時代からの脱却として、少年期の父性を象徴するカヲル君が死ぬ必然性を、その当時は感性でなんとなく理解しつつ心は納得していなかったものだが、すっかりいい歳になってしまった今現在、物語上でカヲル君の死の必然性には非常に納得させられる。
 何故なら「エヴァンゲリオン」シリーズは、碇シンジという少年がオトナになるための通過儀礼の痛みの物語なのだから。
 特に今回の「シン・エヴァンゲリオン」最終章は少年が他者を許容し自己肯定することでオトナになる最後の通過儀礼なので、その直前の章となる「Q」でカヲル君が死ぬことはトリガーとして必要だったのだと理解できる。
 (とまぁ頭ではわかっているもののやっぱり哀しいので気持ち的には嫌だけど)

 

 …ということで、前作の「Q」で渚カヲルを客観視できたことで父性の塊のカヲル君という幻影とお別れでき、1個人としての渚カヲル君の魅力と脆さを再認識したうえで、今回の「シン・エヴァンゲリオン劇場版」最終章でもって、碇シンジ君とともに私も無事に全てのエヴァンゲリオンにさよならをし、卒業することができたのだった。

 

 「シン・エヴァンゲリオン」最終章はエヴァンゲリオンシリーズを通じて碇シンジを媒体にして表出された「少年」性の物語だが、碇シンジが多大な痛みの伴う通過儀礼を経て他者許容と自己肯定を得たことでオトナになれたことで、少年性と碇シンジは乖離することができ、この作品においての概念としての「少年」は神話となり、碇シンジという一個人は少年からオトナへと成長することができたのだと思う。

 

 使徒は少年がオトナになるためのさまざまな通過儀礼で、エヴァンゲリオンという存在は儀式を無事に遂行するために必要な道具だったのだろう。
 だから、ちゃんとオトナになる覚悟のできたシンジ君は、四半世紀かけてようやっと全てのエヴァンゲリオンにさよならできたのだと思う。
 
 そして私たちいち観客もまた、四半世紀かけて紡がれたある天才のクリエイティブへの苦悩と愛への妄執を一緒に見届けたことで、心も気持ちも時間をかけてエヴァンゲリオンから卒業できたように思う。

 

 けれど、卒業は決して終わりではない。

 

 次の新たな道の始まりを示すものでもあるのだ。

 

 「新世紀エヴァンゲリオン」は他者の許容と自己肯定を新たな形で私たちに示したことで作品の枠を超えてもはや一つの思想を生み出したように思う。
 旧シリーズを経て生み出された「シン・エヴァンゲリオン」として、さながら新約聖書のごとく21世紀の新たなバイブルになったといっても過言ではなかろうか。

 

 そういう訳で私はシンジ君たちが守った(かもしれない)この世界に最大の感謝と愛しさをもって、人は人、自分は自分と割り切った上での他者への優しさと愛を培っていきたいと思う。

 

 って、もうこれ作品超えて宗教じゃん…⁉

 

 ということで、すべてのエヴァンゲリオンファンには、エヴァンゲリオンからの卒業後、新エヴァンゲリオン教が両手を広げて待っている。

 

 

 

お題「ゆっくり見たい映画」

お題「好きなシリーズもの」

 

 

酒飲みのための12ヵ月の歳時記

 未だコロナ禍の影響で外出も控え、唯一の趣味的な旅行もままならない日々、楽しみといえば近場の散歩か家での晩餐となると、一人飲みも翌日のことを気にせず大いに飲んで食べてを愉しみたくなる。
 とはいえそこは小市民なので、毎週のように開催するのも懐具合が気になって気が引けるし、哀しいかなこの年になると年々お酒も弱くなって昔のように毎日のようにたくさん飲むと身体が悲鳴をあげる始末。

 日々は少量の晩酌を愉しむとして、それならば月に1度のおひとり様大宴会をしても良いんじゃないかと思う今日この頃。

 毎月の自分へのお疲れ様会ということで、どうせならば四季折々の風情も感じつつ五感で愉しむ自分なりの祭事にしたい。

 …ということで、おひとり様の楽しみに、酒飲みのための12ヵ月の歳時を企画してみた。

 

3月:年度末お疲れ様でした!の慰労会
4月:さくら祭りで春の訪れを祝う会
5月:端午の節句に新緑を愛でながら口福を噛みしめる会
6月:梅雨の最中にしとどに降る雨に盃を重ねる会
7月:夏バテ防止のお肉フェスティバル
8月:夏真っ盛り!涼を取り込む夏野菜フェスティバル
9月:光物で残暑乗り切る
10月:ハロウィンのかぼちゃ祭り
11月:紅葉狩りで疲れた体に秋の味覚祭り
12月:クリスマスのオーブン料理で暖を取る会
1月:新年を祝し3連チャン祝賀会
2月:寒さを忘れて鍋パーティ

f:id:nanami-JP:20210313190755j:plain



■3月:年度末お疲れ様でした!の慰労会

思い立ったが吉日…ということで、今月早速実施するための言い訳として3月から企画。
3月はなんといっても自分的には仕事が年度末で多忙となり、しかも新年度に向けての人事やらなんやらで会社の人間関係もピリつく季節なので、精神的疲労が大きい。
そんな自分を労わるためのひとり宴会で思う存分、飲みまくりたい。
この日は自分をとことん甘やかす日として、自炊もしない!!
フルボトルのスパークリングワイン片手にカロリー無視で選んだお惣菜に囲まれて金曜の夜を過ごして、今年度、仕事であった嫌な事に対してくだまきまくりの一夜にして、爆睡してすべてを忘れようではないか。


■4月:さくら祭りで春の訪れを祝う会

やはりこの季節は桜!
冬の寒さが和らぎコートがなくても良いくらいの暖かな日差しに身も心も雪解け気分になるのが4月。
となれば、ここは奮発して花屋で桜の枝を一振り買って、リビングでひとり花見と洒落込みたい。
日の沈みかける夕暮れ時から開催したいので、土曜開催にしよう。
ほんのり苦味が旨味の春野菜を主とした料理を昼から作り、キンキンに冷えた白ワインと一緒に春の味覚を味わいたい。
いやいや、スパークリングワインとイチゴに軽いツマミのアフタヌーンティーならぬアフタヌーンワインも捨てがたい。
いっそこの日はもう三時のおやつ代りにベランダから桜を眺めつつスパークリングワインとイチゴを愉しんで後、夕暮れから春野菜と白ワインのコンボにしちゃおう♪


■5月:端午の節句に新緑を愛でながら口福を噛みしめる会

目に青葉、口には日本酒、鼻をつくのは炙り香ばし初鰹

…ということで、辛口の日本酒と炙り初鰹をメインに、クレソンやルッコラの瑞々しい葉野菜のサラダを愉しみたい。
今年はゴールデンウイークは有給も取得して10日くらいガッツリ休みたいので、その内の1日は家での宴会として、旅行はまだ無理でもできればもう1日は外出してちょっとお高めのイタリアンか和食のお店で寛ぎたい。
その頃にはコロナも収束の兆しが見えていることを切に願う。


■6月:梅雨の最中にしとどに降る雨に盃を重ねる会

梅雨の季節、湿度が高まり不快指数も急上昇…という時期、雨で外にでるテンションもだだ下がることこの上ない。であれば家の窓からしとどに降る雨を眺めながら冷えた白ワインと手軽につまめるオードブルで雨の日の昼下がりを愉しもうではないか。
チーズやサーモン、生ハム、オリーブ、ゆでタマゴなどで数種類のカナッペを作ってみよう。
アフタヌーンティー用に買った2段のお皿にカナッペを並べてみたら可愛いかも。


■7月:夏バテ防止のお肉フェスティバル

ここ何年か7月下旬は急激に暑くなって寝苦しくなる日々といのがある意味恒例行事となっている。
寝不足で気分も体力だだ下がるこの時期、やっぱりスタミナ取らないと!
ということでお肉フェスティバル開催♪
焼肉も良いけど、がっつりステーキも良いなぁ。そして片手にはもちろんビール!!
日が沈み始めた頃にベランダで夏の宵の口を眺めながらビールを嗜み、その後は部屋に戻ってがっつりお肉を食べるコースにしよう。


■8月:夏真っ盛り!涼を取り込む夏野菜フェスティバル

 この頃は東京オリンピックも開催されているのだろうか…。
 インドア派でスポーツにはあまりご縁のない身なので、たぶんがっつりオリンピック観戦という気分にもなっていないような気もするが、代わりに冷蔵庫にビールをたくさん冷やしておいて、サラダやラタトゥイユで大量の野菜を味わいながら、フルマラソンばりの長時間飲み会をしようではないか。

 

■9月:光り物で残暑乗り切れ!シルバーウィーク

 重陽の季節ということで菊を愛でつつ日本酒を嗜むのもおつなものだが、実際のところ9月は残暑厳しくやっぱり夏バテになっている時期でもある。
 となれば体力も落ち込んでいるシルバーウィーク、寿司ネタで光り物と呼ばれるサバやアジ、コハダの刺身で辛口の日本酒もたまらん。もしくは脂の乗ったサンマに刻んだ大根を添え、ビールと一緒に味わうのもたまらん。
 いつもはついついお肉ばかり食べているので、この回はお魚天国回でいこうではないか。

 

■10月:ハロウィンのかぼちゃ祭り

 10年ほど前までは日本人の大半が「ハロウィン何それ?」だったものだが、気づけば今や10月となればハロウィンだよね!という世間の風潮に世の流れと日本人の宗派関係なく楽しいことを積極的に取り込む度量の広さに国民性とは何ぞやと考えなくもないものだが、かくいう私も今や10月となればハロウィン!と部屋の中を飾りつける始末。であればやはり今年の10月もハロウィンを全力で愉しもうではないか。
 カボチャとチーズのグラタンにカボチャサラダにカボチャプリンのトリプル攻撃を、ちょっとフルーティーな白ワインで軽やかに受けて立とうではないか。
 コスプレをする気はないが、すでにもう40代のおひとり様の気ままな暮らしで世間と乖離しつつあり魔女化している今日この頃なのでコスプレするまでもない。


■11月:紅葉狩りで疲れた体に秋の味覚祭り

 今年ぜひやってみたいのが、秋晴れの週末、数時間かけての多摩湖のまわりを長距離ウォーキングしながらの紅葉狩り
 昨年は微妙にタイミグがズレて紅葉前の散策だったので、今年はもっと紅葉を愉しみたい。
 その後は温泉の素を入れたお風呂で十分に温まってから、キノコや栗、ナス、鮭など秋の味覚をふんだんに使った料理で宴会を愉しみたい。
 和食中心で辛口の日本酒に合わせるもよし、イタリアンやフレンチ中心で白ワインやスパークリングワインと合わせるもよし。
 長距離ウォーキングで疲れた体に沁みることこの上ない夜となるに違いない。

 

■12月:クリスマスのオーブン料理で暖を取る会

 やはりこの時期は世間もクリスマスモード一色なので、おひとり様な私も乗っかろうではないか。
 むしろ今年は全力で楽しみたい。
 部屋の装飾も11月からクリスマスモード全開にしてみたいし、クリスマスにはローストチキンなどのオーブン料理に挑戦したい。自分へのクリスマスプレゼントとしてちょっとお高いワインを奮発しちゃおうかな♪

 

■1月:新年を祝し3連チャン祝賀会

 今度のお正月はコロナも収束した未来であって欲しい。
 実家に帰って久しぶりに実家の両親や親族交えて三箇日は連日連夜の飲み会に興じたい。
 リアルで会える幸せを嚙みしめながら味わうお酒と正月料理は五臓六腑に幸せを染み渡らせるに違いない。

 

■2月:寒さを忘れて鍋パーティ

 寒さ厳しい2月。部屋を暖房で十分に温めた中で、熱々の鍋と日本酒か白ワインでキリッと決めたい。
 海鮮鍋も良いし、豚肉と白菜鍋もこの季節には合う。または煮込んでホロホロになった大根が美味しいおでんも魅力的。
 コタツでお酒飲みつつ食べる鍋はどうしてこんなに美味しいのかしらと自問自答しながら冬の夜長を過ごしたい。


…ということで、毎月の楽しみも設定できたので、なんだか今年も楽しく過ごせそうな気持になってきた。
 できればコロナも落ち着いて、マイ設定の歳時記のいくつかは友人・知人や親族といった、おひとり様ではない形で開催できるとさらに楽しそうなのだが、それはまぁタイミング次第ということで、まずはひとりでも十二分に楽しんでみようではないか。

 そして、月に1度は大酒飲みの日を設定することで、平日はお酒は控えつつ週末ちょっと飲んじゃおくらいでいけると心身ともに良いのだが…。

 ひとまずは今月より実践あるのみ♪♪

 

お題「わたしの癒やし」

お題「ささやかな幸せ」

お題「気分転換」

 

 

 

 

コタツの魔力、お猪口の誘惑

 ここ数日、コタツの魔力からどうにも逃れられない。

 

 年度末も間近となり、先週から今週にかけて仕事も事満載で、千切っては投げ、千切っては投げと日々、悪戦苦闘しながらなんとかこなすも、あっという間に夜の21時、22時になることも。
 その後、遅めのゴハンを食べてドラマ観て気分転換してなどしてると、気が付くとコタツうたた寝をしている始末。
 冬用にカーペットをフワモコ厚めにしてついゴロゴロしてしまう仕様にしてしまったことも相まって、ゴロゴロしながらスマホみたりTV見たりしているうちに、寝落ちしてしまっているのだ。

 

 そこからが大変…!
 体がまったく言うことを聞いてくれなくてコタツから起き上がれないのだ。

 

 いくらカーペットをフワモコにしたといえ、やっぱりベッドの方が柔らかく寝やすいはずなのに、
 頭ではわかっていても身体がまったく言うことを聞いてくれない。
 頭と体の乖離現象にさすがに疲労も蓄積され、日中のパフォーマンスも効率が悪い。

 

 そういえば昔、まだ一人暮らしをする前の実家暮らしをしていた10代、母親が居間でうたた寝する姿をよく見かけ、「お母さん、布団で寝なよ~」と毎日のように声がけをしていたことをふと思い出した。

 考えてみればあの頃の母親も、今の私のような40代。
 仕事に家事にとバリバリこなしていた印象のある母も、40代の体力激減にやはり体は追いついていなかったのか…と今更ながらに気づいたのだった。

 母には声がけしてくれる旦那(父は食後早々に就寝していたが、笑)や子どもがいたのでうたた寝しつつもその後、布団に直行する確率も高かったようにも思うが、今の我が身には声がけ要員がいないのが現実。
 となると、自分で何かしら対策を考えねばならない。

 

 ということで、まずは要因を洗い出してみた。


・仕事を終える(出社した際は帰宅した時間)のが21時~22時台。
・最近暖かくなってきたので、エアコンはつけずにコタツのみで暖を取り、足元がヌクヌク。
・夕食が仕事後の22時台
・遅めの夕食なので手軽に作れるモノ=酒のツマミ的なものが多く、ついつい飲みたくなる。
・夕飯を食べながらドラマを見て気分転換するのが日々の楽しみ。故に気づくと24時。
・でもまだ食後1時間ちょいくらいだしまだ寝たくない。もうちょっと夜を楽しみたい…と思ってリビングに居座る。
・とはいえ体は疲れているので、フワモコカーペットにゴロゴロしながらスマホ見ながらバラエティ番組をながら見る。
=結果、気づくとコタツで寝落ち。

 

 うん、なんともはやなぐだりっぷり! 

 

 そしてここ2週間と今までの違いで気づいた点といえば
・暖房がコタツのみ
・夕食に「がんばった自分にちょっとだけ~」と言い訳しながらお猪口1杯の日本酒を嗜む

 

 まさにこれが大いなる要因ではないか…!

 

 ちなみにこのお猪口の一杯、夏に澤乃井酒造に行った時に自分用の土産にした物なのだが、一杯といえど意外と量が多い酒飲みには嬉しい代物だったりする。

f:id:nanami-JP:20200905191631j:plain

nanami-jp.hatenablog.com


 それではその大いなる要因を取り除けば対策できるんじゃ、とも思うのだが、最近の楽しみとなったお猪口一杯の日本酒は絶大なる誘惑で私を離さない。

 簡単な料理でもお猪口一杯の冷酒を添えるだけで、そこは一気に深夜居酒屋。
 お猪口でちょびちょび日本酒飲みながら、お気に入りのドラマを見る楽しみがそこにはある。
 日中の仕事の煩わしさや嫌なこともすっかり忘れて明日に持ち越さないというリフレッシュ効果もあるのだ。

 

 となるといかなる対策をすべきか…。

 

 こりゃもう自分の脳味噌にこびりついた習慣や思い込みを捨てるしかない…!

 

 となるとするべき事は一つ。

 ゴロ寝したくなったら時間問わずベッドに強制移動‼

 「食後すぐに寝ると牛になる」という幼少期に刷り込まれた呪文を忘れるしかない。 

 ベッドでごろ寝で寝落ちするくらいなら、せめてベッドでスマホ片手に寝落ちしよう、そうしよう。
 少なくともそしたらコタツの魔力からは逃れられる。


 しかもどうやら、血糖値は食後に急上昇することで眠気と倦怠感が誘発されるらしい。そして2時間後くらいに通常値に戻るらしく、「食後すぐ寝ると牛になる」という伝承との因果関係がそこにあると勝手に推測。
 さらにお猪口一杯とはいえお米でできてる日本酒を嗜むことで糖も摂取している訳で、あれ?もしかして飲まない時より血糖値上がりやすい?とここにきてようやく思い至った。
 
 なるほど!だから22時台に食事して23時~24時に仕事の疲れと食後の倦怠感のダブルパンチに襲われていたのか! どうりで秒で寝落ちすると思った!
 
 せめてダブルでなくワンパンで済むよう、お猪口で日本酒をやめれば良いとも思うのだが、お猪口の誘惑はなかなか逃れられそうにない。
 
 かくなる上は21時台には夕食を終えよう、そうしよう。

 ドラマを愉しんでいるうちに2時間くらいたって血糖値も落ち着くハズ。
 そうしたらベッドにいく気にもなるんじゃなかろうか。
(さすがにドラマと気になる番組を観る際はごろ寝だと画面が横になって見づらいので、ごろ寝せずに座椅子にもたれて観ている)

 

 その為にも仕事は21時前には終えるようクセづけするしかない。

 忙しい時はいつもより前倒して1時間は早く仕事を始めれば良いじゃない。


 ……と、ようやくここにきて、夜の行動改善はもとより朝の活動を前倒しするという、この四十数年の人生で今まで全く発想したことのなかった朝の改善策にもついに思い至ることになったのだった。


 まだ夜は冷え込む季節、コタツもあと1ヶ月強はお世話になるであろうことを考えると、夕食時間と仕事量の管理がポイントだとわかったので、来週からはまずは実践あるのみである…!

 果たして無事にコタツの魔力から逃れ、お猪口の誘惑を適度にいなすことができるのか…⁉

 


 ちなみに週末は完全なるオフ日なので、何時に寝たってどこで寝たっていいじゃない~というユルい境地なので、今夜はまた一人お家居酒屋を開催がこの後、控えている。

 今夜はコタツで暖を取りながら、アジのタタキとパクチーサラダと、そして一杯のお猪口よりも大きなグラスで冷えたビールが私を待っている♪

 

お題「ささやかな幸せ」

お題「わたしの癒やし」

 

いたわりの週末

 気が付いたら2月が秒で過ぎてしまい、あれ?師走だったけ?と思うほど、日々があっという間すぎて記憶にない。
 正月明けて早々、世の中は緊急事態宣言に突入し、外出も憚られる日々、スマホの写真ホルダにはここ1か月、夕ご飯の写真しかないという(笑)
 ある意味とても穏やかで何事もなく平々凡々と生きてきていた。

 それはそれでとても幸せでラッキーなことなのかもしれない。
 

 まぁとはいえ、仕事においては時として苛立つことや、なんだかなぁと思うこともあったり。

 ここ最近はコロナ禍で向き合う相手も限られていてお互い良く知った仲だったので苛立つこともなかったのだが、昨日は久々にムカつき案件が発生。
 昔はウキャー!あいつマジ許さん…!と、嫌いな奴フォルダに即収納、だったのだが、コロナショックかリモートワークにすっかり慣れたせいか、「どうせそんなに顔合わすこともないし真っ向勝負するだけ無駄無駄」と言う境地に。
 これは諦めの境地なのか、それともオトナになった証拠なのか。

 いずれにせよ、仕事相手の嫌なところなど別に関係ないや、必要最低限なタスクをきちんとこなせば良いやと割り切れるようになったことは、このコロナ禍の中で良かったことの1つかも。

 

 とはいえ、ストレスがまったく無い訳でもなく。

 コロナ前は同僚たちとあいつむかつく!と飲みながら笑い話にもできるのだが、今はそれもままならない。おひとり様の人生、ダメージ受けた自分自身のメンテナンスはまずは自分で向き合って早期対処をせねば。

 

 …ということで、金曜の夜から土曜にかけて今週末は「自分自身のいたわりの週末」に設定したのだった。

 

 

■いたわりその1:金曜は一人居酒屋で飲んで食べる!

 在宅ワークで外食もあまりしなくなり、かつ近所には居酒屋がないため、金曜の夜は家でおひとり様居酒屋を開催している。
 今までは金曜の夜がこんなに解放感を得られるなんてことはなかったのだが、在宅で夕方~夜まで仕事に専念しその週のタスクをクリアしてPCを完全シャットダウン、次の機動は月曜日までと完全休止モードにすると自ずと気持ちも切り替わり、土日がっつり休めることが最高に嬉しい気持ちになるように。
 そんな解放感あふれる中で飲むお酒の美味しいこと。
 しかも昨夜は自身へのいたわり最優先ということで、仕事が終わったのが21時すぎと遅かったものの、そこから大根おでんを作り、豚肉を甘じょっぱく焼いて、キンキンに冷えた白ワインと一緒に乾杯♪
 美味しいお酒と暖かい料理でほっこり。
 かつ今日は無制限!ということで、食後はワイン片手にポップコーンやチョコも食べてと、カロリー何それ?と、数時間にわたる一人飲み会を開催したのだった。

f:id:nanami-JP:20210227184948j:plain

 

■いたわりその2:とことん寝る!
 夜中まで飲んで食べての暴飲暴食を愉しんだら、すっかり酔っぱらってコタツで寝てしまい、明け方改めてベッドに移動して寝なおすという、ちょっと人としてどうかしらな愚行ではあるが、まあいたわり週末なので反省はしない。そして、起きたらすっかり昼過ぎ。土曜日の午前中が消失していた。
 が、それだって今日はいたわりの日にしてるからノープロブレム!
 むしろ惰眠をむさぼりつくした満足感で気分爽快!
 しかもかなり寝たせいか、金曜の記憶も遠い昔。
 仕事のいらつきも記憶はあるものの金曜当日のささくれだった気持ちはすっかりなくなって、むしろ相手に対して「不器用な奴だなぁ」と憐憫の情まで持てるようになった(笑)
 仕事では多少なりとも関わる必要のある相手ではあるけれど、私の人生に関わる要素は1mmもないと思えば割り切れるものなのだ。
 昔は仕事が生活の大半で仕事中心で物事を考えてしまいがちだったので、仕事での嫌な奴=人生で嫌な奴になってしまったのだが、仕事は仕事、プライベートは別と思うと、仕事での嫌な奴が心を占める割合が驚くほど少なくなった。その分、プライベートで友人や親族に向ける気持ちの割合が増えたことも喜ばしい。

 

■いたわりその3:プチ模様替え
 代り映えのない日々ゆえに気持ちもなかなかリフレッシュできない時は、ちょとしたプチ模様替えがおススメ。
 今回はテーブルクロスを冬の赤から春っぽいイエローベースに代えてみたら、部屋の印象もかなり変わってリフレッシュ。来週からもう3月ということでお部屋もそろそろ春の装いに代えようかなと思いつつも、まだまだ寒くてコタツが手放せない。それならせめてテーブルクロスだけでも代えようかと思ったのだが、これが大正解だった。

 しかもクローゼットから替えのテーブルクロスを引っ張り出して代えるだけという、賞味3分でできる簡単模様替えでここまで効果が高いといのも嬉しい。

 

■いたわりその4:生花を飾ってプチ贅沢
 部屋に春の先取り!ということで、パステルカラーの明るい色の花を飾るだけで気分が上がる♪
 ふだん、生家を買うことはほとんど無いのだが、今日は自身のいたわりの日。たまの贅沢してもいいじゃんいいじゃんという気持ちで購入。
 可愛いピンクのお花を一輪挿しでテーブルにでも飾ろうかなと思って買ったら、花屋のおばさんがスイトピーをサービスで一緒につけてくれて超ラッキー!
 いっきに華やかに♪
 部屋に飾った花を眺めているだけで気持ちもほっこり癒される。
 おひとり様の生活だと、生き物と共生する空間というものに縁遠くなるため手入れの楽な観葉植物をいくつか置いているのだが、生花は華やかさが全然ちがう。また観葉植物とちがって愉しめる期間が限られているというのも、もののあわれの愛しきかなと、しみじみとした慈愛が高まってくるのだ。
 もちろん、観葉植物たちにも日々の生活を支えてもらっているので、長期パートナーとしとても大事にしているが、生花はまた違った魅力があって癒される。

f:id:nanami-JP:20210227184904j:plain

 

■いたわりその5:夕時に長風呂でいい湯だな
 旅行にもなかなか行けないので、気持ちだけでも旅館モードにしようと、夕飯前の日が暮れた頃にお風呂に入るのがここ最近の週末のマイブームになっている。
 ゆったりお風呂に入って心身ともにほぐれてほっこりしてから、晩餐会と称して好きなものを美味しいお酒と一緒に嗜むのが最高に幸せ♪
 今晩はおでんと菜の花のおひたしで冬と春の境目を味わいながら白ワインを愉しむ予定で今から楽しみ♪

 

 …ということで自身へのいたわり尽くしで気持ちもすっかりリフレッシュできたことで、明日の日曜日をフルフルで気分爽快に楽しむことができそうなのもまた良きかな。

 

 まずは自分自身をいたわる気持ちを持てるようになれば、 他者へのいたわりの気持ちと余裕も自ずと湧き出てくるものかもしれない。

 そのためにも、あっという間に過ぎ去る日々にかまけて自分自身をおざなりにしないようにしたいなと思う。

 

お題「わたしの癒やし」

お題「昨日食べたもの」

お題「ささやかな幸せ」

お題「気分転換」

 

 

 

おうち居酒屋でひとり酒

 年明けてからこっち、緊急事態宣言も発令されてしまい、買い出しと仕事以外では外出することもなくなってしまい、何をする訳でもなく家でのお籠り生活に勤しんでいたら、あっという間に1月下旬。

 その間、平日は朝ギリギリまで寝て起きて、トースト&コーヒーといった簡単な朝食とったら仕事はじめて、昼は納豆ゴハンや冷凍食品でちゃちゃっと済ませて、また仕事して。夕方、日も暮れてきたらコーヒーいれて甘いものでおやつ休憩して、そんでまた仕事して、お腹ペコペコになる8時すぎくらいにようやく明日への目途つけて仕事終了したら、作り置き料理を中心にありあわせの物で夕ご飯。1月新番組のドラマをリアルタイムで楽しんだら就寝。

…という平日ルーティーンを粛々と続けていたら、あっという間に1月も終わり。

 

 気づけば日々9~10時間は働いちゃったりして仕事ははかどったものの、その実、あまり記憶がない。

 

 休日も寒くてすっかり起きられなくなってしまったので、昼まで惰眠をむさぼり、土日休みのどちらかは買い出しにいくけれども、もう一日は寒さを理由に家に籠って、これまた平日に見きれなかったドラマなどを観まくって、夕暮れとともに晩餐の準備をして、食べて飲んでしているとあっという間に寝る時間

 

とまぁ、家にずっといたはずなのに家での記憶もありまりない(笑)。

 

 そんなこんなでこの一月は特に何事もなく、ある意味とても平穏な日々を過ごしていたのだが、なんかちょっとイマイチ刺激がないというかメリハリが無いのも事実。

 

 実はルーティーンがすごく苦手で、あまりに規則正しいというか同じリズムで過ごしていると、逆に全身がモゾモゾするというか、無性にどこかに行きたくなってしまうのだ。

 

 暖かくて晴れていれば長時間の散歩という名の探検で見知らぬ場所を歩き回ったりするのだが、ご時世的にコロナもあるので外出したい気分もかなり削がれてしまう。

とはいえ熱中できるような趣味などなく。
ドラマ三昧で気を紛らわせているものの、何かもう一つくらい楽しみが欲しい。

 

そこで思いついたのが「おうち居酒屋」。

 

 在宅ワークをするようになってから、金曜の仕事終わりというのが今までにないくらいすごく喜びあふれるようになった。
 平日も休日も家にいることは変わらないのだけれど、金曜の夜に仕事を終えて、金曜の夜から土日を丸々お休みできる、と思っただけでものすごく嬉しい。

 仕事が嫌というわけではないのだけれど、休日というものに今までにないほどの喜びがあふれでるようになってしまった。

 40半ばになって仕事もある程度こなれてきてしまった哀しみか。

 まぁそれでもささやかな喜びを感じられるのは貴重。

 そんな訳で、平日、仕事を適度にがんばった自分へのご褒美に、金曜の夜は飲んじゃお♪ と。

 

 今までは土日をおひとり様晩餐会として飲んで食べてだったのだが、日曜の夜にたくさん飲んで食べると、夜中にお腹が張って寝不足になってしまうのだ。
 若いころはさんざん飲んで食べてもそんなことはなかったのに、これが加齢か…と実感しつつ、まぁ飲む量も減って体にも優しくコスパも良いのでノープロブレム。ただ、寝不足で月曜が不調となるのは仕事の効率も落ちるので、ここは改善したい。

 

そこで閃いたのだ。土日ではなくて、金土に飲めばよいじゃん!

(土曜だけ飲むという選択肢はハナから無い)

 

 そう!土曜の昼まで寝ていることは変わらないのだから、金曜はどんだけ夜更かししようが問題ない。
 そしてこのコロナ禍。
友だちと会う機会もなく、週末プチ旅行することもなく、買い物も食料以外は取り立てて買いたいものもないとなると外出する理由も無いため日曜も昼まで寝ていたって不都合は無い。
 となると土曜の夜ももちろん飲んじゃお♪となる。

 

 とはいえ土曜はいい意味で時間もあるので、ちょっと凝った料理や試行錯誤の初めての料理に挑戦する日に適しているので、どちらかというとお酒より料理がメインとなったりする。

 対して金曜の夜。仕事を気力&体力ギリギリまでやってなんとかその週の自分的ノルマを超えた達成感はあるものの、その反動で料理をする気力&体力はあまりない。
そのため、金曜はすぐに用意できるものに限る。
 そこで考えたのが、晩ごはんというよりかは、居酒屋のツマミ的なものに特化した「おうち居酒屋」にしちゃおう♪という作戦。
 金曜だけは栄養バランスよりも居酒屋ぽさ優先メニューでOK!

 

ということでさっそく挑戦。

【おうち居酒屋メニュー】

・先出し(クリームチーズのわさび醬油和え、キムチ)

・厚揚げを焼いたもの

・肉じゃが

f:id:nanami-JP:20210124165737j:plain

 冬で寒いのでやっぱり暖かいものが食べたい。
 しかも煮込んだ系。ということで、メインは肉じゃがに決定!
 というか水曜に作っておいた肉じゃがをレンチンするだけという楽ちんさ。しかも数日たっていい塩梅に味が沁み込んでいて美味しい。冬場は作り置きしておけるので調理時間も減らすことができるのも嬉しい。

 先だしには、キムチとクリームチーズのわさび醬油和えの2品。

 さらに味変も楽しむためのもう一品として、こんがり焼いた厚揚げ&ショウガ醤油。

 

 いやぁ、実にお酒に合うことこの上なし。


 日頃食べているものと内容的にはそう変わらないのだが、居酒屋気分には、やはり先出しがあると無いとでだいぶ気分が違うことも発見!

 最初に小皿に盛った先出しでちょいとお酒をすすり、今週の自分お疲れ!と労うことで、かなり居酒屋気分になれる。

 

 休日スイッチを入れるためのインターバルの大切さがそこにはある。

 

 しかも金曜の夜は居酒屋♪と思えば、早く仕事を終えたくなって日中の仕事もはかどるというもの。

 さらにこの後に2日間も休みがあると思えば、どんなに深酒しようと月曜までには回復できるという安心感が、逆にそこまでたくさん飲まなくても、飲んだ満足度が高いというパラドックス

 すべては気の持ちようなのだなぁと。


……とはいえ、おうち居酒屋には1つ大きな弱点があるのだ。

 

生ビールが飲めない!!!!!!!

 

 どうして生ビールはあんなにのど越しが違うのだろう⁉
 さすがにだだのビールではなく「生」と銘打つだけのことはある。

 冬場は寒いのでビールよりはワインや日本酒派なので今はまだ別に良いのだけれど、やっぱり暑くなってきたら、ビールが飲みたい。ベランダでのんびり缶ビールもたまにはまったりできるので良いが、やはり仕事帰りに、居酒屋の喧騒をBGMに生ビール!! これぞ勤勉に働く日本人の風物詩ではないか。

 

 ということで、夏にはリアル居酒屋で生ビールを愉しめることを願いつつ、今のところは金曜の夜はおひとり様のおうち居酒屋を楽しんでいこうと思う。 

 

f:id:nanami-JP:20210124170009j:plain

※こちらは昨日食べた物

気に入った肉じゃが第2弾と、やっぱり飲みたくなったビール。
金曜に飲めた充足感から土曜は缶ビール1本で大満足。

ちなみに一昨日の金曜のおうち居酒屋は、豚の角煮もどきとコンビニで買った揚げ物がメインだったのだが、飲みたいという気持ちが逸り写真を撮り忘れてしまった(笑)

 

お題「昨日食べたもの」

お題「ささやかな幸せ」

お題「気分転換」