nanami-JP’s blog

40代おひとり様の日々のささやかな幸せ探し。旅行記、本やドラマの感想なども徒然に。

半径数キロメートルのオトナの遠足

今週のお題「おうち時間2021」

 

 今年のGWは有給休暇をガッツリとって9連休‼という、久々の長期休暇をゲット!

 

…とはいえ、緊急事態宣言で映画館もショッピングモールも休館となっては街に出かける必要が微塵も無く、旅に出るのも憚られる。
 しかも40代というかもうアラフィフに片足突っ込んだ年になると更年期障害か急な暑さに体が追い付かず、貴重なお休みの前半は体調も芳しくなく、中盤は雨天となれば出かける気力ははなから削がれ、近場のスーパーで食料調達する以外は家に籠りがちになってしまったのだった。
 それはそれで、読みかけの小説やブックオフでまとめ買いしたマンガを思う存分読めたので良かったのだが、とはいえどこか知らない場所に行きたい、旅に出たくて仕方ない。

 

 それならば、近場の徒歩圏内でまだ行ったことのない場所に行ってみよう…!

 

 と、思い立ち、GW後半、お天気の良い日を狙っておひとり様の遠足に出立してみたのだった。

f:id:nanami-JP:20210508191834j:plain

 家に籠る日々が続いてすっかり運動不足になってしまったので、ちょっと頑張って歩いて行けそうな場所へ…ということで、今回は東村山駅近辺まで遠出することに。

 ちょっと前に「アド街ック天国」で東村山特集をやっていて、そこで紹介された正福寺と八国山に興味をそそられていた事もあり、せっかくのこの機会に行ってみようと、思い立ったが吉日と、ノリと勢いだけであまり下調べもせず出発。頼りになるのはGoogleマップくんのみではあるが、まぁ数キロ圏内だし迷子になることはないだろう…と思ったのが甘かった。まさか半径数キロメートル圏内で彷徨うハメになるとは…。

 せっかくの遠足なのでお昼は出先で食べよう♪と思い、Googleマップくんの導きで正福寺の近くにあるこじんまりとしたレストランを目指してみたところ、なんと緊急事態宣言でランチが時短営業。到着した時にはラストオーダー過ぎちゃった⁉…という時間で断念。
 GWのお籠り生活ですっかり朝の起床が10時すぎとなってしまい、出かけたのが実は昼過ぎというスローペースだったのがさっそく裏目に。
 ほかのお店もお休みだったり時間外だったり、あとは夕食が魚料理の予定なので海鮮系は避けたいなぁ、気持ち的にお米よりはカフェごはんとかが良いなぁという気分にすっかり左右され、東村山駅近辺をウロウロするもいまいちピンと来ず。Googleマップくんでカフェを検索した結果、駅からさらに少し足を延ばしたところにコメダ珈琲店があることを発見し、ひとまず珈琲飲んで一息つこうと入店。
 実はコメダ珈琲店に入ったのは初めてで、メニューとボリュームの加減がまったく分からない中、ちょっと塩気のあるものが食べたいな、そういや数年前に名古屋旅行で食べて美味しかったなという記憶に引っ張られ味噌カツサンドを頼んだところ、予想を上回るボリュームにビックリ!

f:id:nanami-JP:20210508192049j:plain

 お値段ちょい高いかなと思ったら、ボリュームが予想の倍!
 ということはお値段的にはかなりお得なんじゃなかろうか。
 とはいえ、御年に2人前かと思うようなボリュームの味噌カツサンドはさすがにキツかった…。

 

 予想以上のお腹いっぱいで若干、気持ち悪くなりながらフラフラと東村山駅まで戻って、いざ本来の目的の正福寺へ…と思ったのだが、その途中で素敵なお寺を発見したので寄り道することに。

 

www.tendaitokyo.jp

 天台宗のお寺らしいのだが、無宗教なので詳しいことは分からず。
 そんな私の目を引いたのが、岩石で作られた築山。

f:id:nanami-JP:20210508192138j:plain

f:id:nanami-JP:20210508192225j:plain

 むき出しの岩石のいたるところに苔が生え、その合間に不動明王三十六童子が鎮座する姿がめっちゃ面白い。
 なんとも石好きな身にはたまらん風景。
しかも後で聞いたところによると、この築山、富士山の溶岩をわざわざ運んで積み上げたものらしい。
 富士山パワーも宿ったパワースポットなのだ。
 しばし築山の真ん前で溶岩パワーを堪能した後は、築山の周りをぐるりと一周してみると、なんと裏手は七福神が設置され七福神巡りもできちゃうらしい。
表には不動明王たち、裏手には七福神たちと神様大集合でなんとも賑わい楽しい山になっていた。

f:id:nanami-JP:20210508192312j:plain

f:id:nanami-JP:20210508192351j:plain
f:id:nanami-JP:20210508192420j:plain
ハートマークの香炉や河童の池などちょっとした所に面白カワイイものが

 

www.city.higashimurayama.tokyo.jp

 富士山の溶岩パワーのおかげか、満腹で苦しかったお腹もちょっと落ち着いたので、いよいよ本来の目的の1つ、正福寺へ。
(ちなみに大善院のすぐ近くだった)

f:id:nanami-JP:20210508192553j:plain

 まず第一印象が「浄化されている!」
 広い敷地にバランスよく配置された門から国宝の地蔵堂、そして本殿へと続くのだが、その隅々まで掃き清められてなんとも清浄な空気に満ちた空間。

 

 地蔵堂は応永14年(1407年)と鎌倉時代に建造された建物らしく、国宝認定されているのだが、確かに鎌倉時代ならではの剛健さというか、ストイックさがカッコ良い。直線の連なりで構築された建屋に反り返った屋根の曲線が清涼な美しさで観ていて飽きない。

f:id:nanami-JP:20210508192655j:plain

 この地蔵堂、どうやら中に2000体にもおよぶ小さなお地蔵様が祀られているらしいのだが、年に1回しかご開帳されないらしい。いつか中も見られる日に訪れてみたい。

地蔵堂もカッコ良かったが、本殿も威風堂々とした建造でTHEお寺!な雰囲気がまた素晴らしかった。

 

f:id:nanami-JP:20210508192745j:plain

f:id:nanami-JP:20210508192826j:plain

 

www.city.higashimurayama.tokyo.jp

 正福寺の裏手から八国山へと向かうと、八国山の入口には北山公園という水田のような尾瀬の湿地帯のような作りの公園が。

f:id:nanami-JP:20210508193022j:plain
f:id:nanami-JP:20210508192943j:plain

 この北山公園、6月は公園一面に10万本の菖蒲が咲き誇ることで有名な公園とのことで、毎年6月には菖蒲祭りが開催されているそう。残念ながら今年はコロナ禍で菖蒲祭りは中止のようなのだが、菖蒲自体はさくっぽいのでまた来月に訪れてみたい。

www.shoukoukai.or.jp


公園の一角に少しだけ咲いていた菖蒲。この公園一帯がこの花で埋まるかと思うとかなり圧巻な景色だろうな。いずれまた菖蒲まつりが開催される日が楽しみ♪

f:id:nanami-JP:20210508193126j:plain

 

西武線沿線沿いにあるので、木々の合間から電車も間近で見ることができる。

線路沿いにむき出しの根を張った木々が逞しい。

f:id:nanami-JP:20210508194043j:plain



■八国山

 北山公園を通りぬけて目的の1つであった八国山へ。
となりのトトロ」に登場する七国山のモデルらしいということで、一歩足を踏み入れるとまさに木々生い茂る山中。街中にあるとは思えない自然豊かな場所だった。

f:id:nanami-JP:20210508193232j:plain

 

…のだが、なんだろう、何故だか怖い。

 

 二つ池から尾根道へと草木を分け入って進んでみようと思ったのだけれど、何故だか足が竦む。
 街中から急に人気の無い自然の地に迷い込んでしまったせいだろうか。

 サツキやメイは愛らしいトトロと出会えたが、そこそこ酸いも甘いも嚙み分けたオトナの身には、そんな可愛いヤツらとはまた違ったものと出会いそうで、ちょっとというかけっこう怖い。

f:id:nanami-JP:20210508193338j:plain

 こういう時は無理せず撤退するに限る。

 心身万全な時にまた来れば良いじゃんと、今回は早々に徹底。


 途中で小さな公園の原っぱに立ち寄ったり、川辺の花を楽しんだりと気持ちの赴くまま興味の惹かれるまま街中を彷徨っていたらすっかり足が棒になってしまった。

f:id:nanami-JP:20210508193433j:plain

f:id:nanami-JP:20210508193502j:plain

f:id:nanami-JP:20210508193530j:plain

 とはいえまだ遠足の途中、お家に帰るまでが遠足なのだ。
 これから同じくらいの距離を帰らねばならない現実にちょっと打ちのめされながら、ひとまず多摩湖を目指して黙々と帰路についたのだった。

f:id:nanami-JP:20210508193608j:plain


 ちなみに歩きすぎた反動で、翌日は歩くのも億劫になってしまい近場のスーパーで食料調達に行くので精一杯だった。

 

 

 さてなんとか中一日で体力も戻った本日。
 数キロ先の探訪は行は良いが帰りは超シンドい!…ということで、今回は自転車を活用。

 

www.city.higashimurayama.tokyo.jp

■弁天池公園
 前回、東村山駅から赤い弁天橋を渡って大善院を訪れたのだが、どうやらその間に弁天池公園があったらしいと後でGoogleマップで知り、せっかくなので再訪。
 自転車だとあっという間に到着。
 あれ?なんで気づかなかったんだろ?と思うくらい弁天橋からすぐ近くに弁天池公園が。

f:id:nanami-JP:20210508193643j:plain

f:id:nanami-JP:20210508193711j:plain

 池の中島にある小さな社に通じる2つの橋が可愛らしい。
 池には蓮の花もちらほらと咲いていて癒される。

f:id:nanami-JP:20210508193743j:plain



 そしてまた今回もお昼は出先で食べよう♪と思ったものの、いまいちピンと来ずに彷徨い、気づいたら東村山駅近辺から久留米駅まで来てしまった…。
 自転車だとスイスイ移動できてしまうのでつい調子に乗って進んでしまうのだが、結果、同じ距離を帰らねばならない現実を思い出し、知らない場所でのランチのお店探しを諦めて先月訪れた八坂駅方向に舵を切ることに。
 ちなみに久米川駅八坂駅間には商店街が続いていて歩いて散策も楽しい。
 今回は自転車でフラフラ横切りつつ、結果、八坂駅を超えた先のイオンに入っているファーストフード「ドムドム」でランチをすることに。

f:id:nanami-JP:20210508193811j:plain

 「ドムドム」は高校生の頃に馴染みのあった店なのだが、それから四半世紀ほど近くにお店がなくて訪れた記憶がなく、懐かしさも相まって食べてみたくなったのと、自転車とはいえそこそこの距離を走ったせいか、なんかこう塩っけの強いジャンクなものが無性に食べたくなってしまったのだ。
アイスコーヒーとジャンキーな照焼きバーガーが沁みる。

 

www.higasimurayama-yasakajinja.jp

 先月、八坂駅近辺を訪れた時に駅前の地図を見たら、近くに八坂神社があって気になってたのだが、駅から北に500mほどとあって前回は断念したのだが、今回は自転車! 500mなら余裕じゃん♪と訪れることに。

 

 訪れてみてびっくり、これまた広い敷地に立派な神社!
参道もきれいに掃き清められ、立派な巨木となった杉や紅葉の木々にほどよい木陰となって癒し空間に。

f:id:nanami-JP:20210508193918j:plain

f:id:nanami-JP:20210508193945j:plain

 何もないけど何も無いのが心地よい。そんな無の境地になれる空間だった。

 


 9連休もあれば海外へGO!なところだが、残念ながら今年のGWもコロナの影響で遠くに行けず。
 けれどそれ故に近場の、半径数キロメートルの世界にも見どころが色々あったんだなと新たな発見のプチトリップを満喫することができたので、これはこれで楽しいGWを過ごすことができたのだった。

 

 さて、休日は残すはあと1日、明日は何をしようかな。

 

 天気が良ければ多摩湖散策も良いし、お天気が悪ければ家でまだ読み終わってない小説をガッツリ読むも良し。

 

 今夜はおひとり様の晩餐会♪ということで、冷え冷えのスパークリングワインを飲みながら、明日はもちろん、ちょっと気が早いけど次の週末にも想いを馳せようではないか。


 半径数キロの箱庭とはいえ、まだまだ知らない場所がたくさんあって楽しみは尽きない。

 

お題「わたしの癒やし」

お題「ささやかな幸せ」

お題「気分転換」